情報基盤センター
目次

新しく学生になった方へ

このページは令和3年度に神戸大学に学部一年生として入学する方向けに,遠隔授業の準備について説明したものです. 編入生・大学院生など学部一年生以外の方はこちらもご覧ください.

  • 入学するまで
  • 入学後〜第1回目の情報基礎まで
  • 情報基礎以外の遠隔授業の準備

の各段階で必要となる準備とトラブルシューティングを記載しています.

遠隔授業に関する情報はレクチャーハブにも掲載されていますので,合わせて確認してください.

入学する(入学式)まで

【必須】必携パソコンの準備

神戸大学では平成31年度からノートパソコンの必携化を実施しています.うりぼーポータルにあるパソコン必携化を参照して,必携パソコンの準備をしてください.

トラブルシューティング

  • Q: 必要or推奨されるパソコンのスペックがわからない
  • Q: 必携パソコンの購入について相談したい
    • A: 必携パソコンの購入に関する相談・サポートは神戸大学生活協同組合(大学生協)で受けることができます (情報基盤センターでは必携パソコンの購入に関する相談等は行っていません).
  • Q: 経済的な理由でパソコンを準備することが難しい
    • A: こちらのページを参考に,学務部学務課へお問い合わせください.

入学後〜第1回目の情報基礎まで

【必須】アカウント通知書の受領

【重要】令和3年度新入生・編入生の方のアカウント通知書は入学後のガイダンスで配布されます.

アカウント通知書に記載されたID・パスワードは学内ネットワークや遠隔授業で利用される各種システムを利用するために必要ですので,大切に保管してください. 情報基盤センターが提供するサービスの利用方法は情報基礎の授業中に説明があります.

関連ページ

トラブルシューティング

  • Q: アカウント通知書が手元にない
    • A: 大学1年生・大学院生・編入生のアカウント通知書は入学後のガイダンスで配布されます.
    • 非正規生の方は各部局の教務担当係でお受取りください.
  • Q: アカウント通知書を紛失した

【必須】うりぼーネットへのログイン

うりぼーネットは神戸大学の教務情報システムです.

  • うりぼーネットでできること
    • シラバスの閲覧
    • 履修登録・履修確認・履修の抽選登録
    • 成績の確認
    • 掲示板
      • 個別の授業に関する授業担当者からの連絡はこちらに掲載されます.
    • アンケートへの回答 等

【重要】個別の授業に関するアナウンスは基本的にうりぼーネットの掲示板に掲載されます.ご自身で1日1回以上チェックするようにしてください.

ログインするためにはアカウント通知書に記載されたログインID・パスワードが必要です.

関連ページ

トラブルシューティング

  • Q: うりぼーネットにログインできない
    • A: こちらのFAQ内の「よくある間違い」を確認してください.
  • Q: うりぼーネットの使い方がわからない
    • A: うりぼーポータル内で利用の手引きがありますので,そちらを参照してください.

【必須】LMS BEEFへのログイン

LMS BEEFは神戸大学の学修支援システム(Learning Management System)です. 国内外の大学で広く利用されているMoodleをベースに開発されています.

  • BEEF でできること
    • 授業資料の閲覧
    • 授業担当者との連絡
    • 小テスト・課題の提出 等

BEEFの利用にはアカウント通知書に記載されたログインID・パスワードが必要です.

【重要】情報基礎を含む多くの授業がBEEFを利用して実施されますが, すべての授業でBEEF利用するわけではありません.ご自身で掲示板などをよく確認してください.

関連ページ

トラブルシューティング

  • Q: BEEFにログインできない

    • A: BEEFへのログイン方法はこちらのページにログイン方法が記載されています.
    • 参考:こちらのFAQ内の「よくある間違い」を参照し,IDやパスワードが間違っていないかどうかも確認してください.
  • Q: BEEFの使い方がわからない

全学用無線LANの利用

遠隔授業を受講するためにはインターネット接続環境が必要です. 学内ではアカウント通知書に記載されたネットワークIDとパスワードで 全学用無線LANを利用することができます.

全学用無線LANの利用方法は,入学後のガイダンスや情報基礎の授業中に説明があります.

関連ページ

情報基礎について

情報基礎は学部1年生向けに開講される必修科目です.

この授業では,神戸大学が提供する無線LANや電子メールなどの情報サービスの利用方法や, インターネットを利用する上で重要な情報リテラシーやセキュリティの知識を学習します.

情報基礎は基本的にBEEFを利用したオンデマンド形式で行います. BEEFにログインできた方は情報基礎のページに記載された内容をよく読んで指示に従ってください.

初回の情報基礎について

【重要】BEEFへのログインがうまくいかなかった方は第1回目の授業時に,指定された教室でサポートを受けることができます.

BEEFへのログインができた方は教室に来る必要はありません.

  • 授業時間の前半で,BEEFにログインできなかった方へのサポートを実施します.
  • 授業時間の後半で初回分の授業を行います.

    • 後半の実施方法は授業担当教員によって異なります.
    • 教室に来ない方は,授業の方法についてBEEFで確認してください.
  • 初回の授業時に教室でのサポートを希望する方は下記に注意してください.

    • アカウント通知書を持参する
    • 必携パソコンを持参する
    • 端末のOSがWindowsの場合は,Windows Updateを実施しておく
    • 充電をしておく
  • 指定の教室以外にも,学内用無線LANのアクセスポイントが利用できる教室があります.(BEEFに記載します)

  • 第2回目の情報基礎も対面とオンデマンドの両方の形式で実施される予定です.詳しくは授業担当教員の指示に従ってください.

  • 開講日程・教室はこちらから確認してください.

トラブルシューティング

  • Q: 他学部・他学科向けの情報基礎を履修することはできますか?
    • A: できません.情報基礎は所属学部・学科によって開講日程が決まっています. 必ずご自身の学部・学科対象のクラスを履修してください.
      • ただし,初回授業時のサポート時間には,他学部・他学科の授業時間であってもサポートを受けることができます(履修はできません).
  • Q: 編入生,外部から進学した大学院生は情報基礎を履修できますか?
    • A: できません.情報基礎のテキストがこちらから閲覧できますので,適宜参照してください.(※学内限定)

情報基礎以外の遠隔授業の準備

情報基礎以外の授業では,LMS BEEFの他にGoogle Workspace for Education, Microsoft 365, ZOOM等を利用する場合があります.授業担当者の指示をよく確認して,必要なセットアップを行ってください.

【重要】遠隔授業で用いる各種サービスの説明はレクチャーハブにも記載されています.

Google Workspace for Education

神戸大学の学生・教職員は Google Workspace for Education を利用することができます. 必要に応じて,こちらのページの利用ガイドを参照し, セットアップを行ってください.

関連ページ

トラブルシューティング

  • Q: Google Workspace の〇〇機能の使い方がわからない
    • A: 情報基盤センターではGoogle Workspaceの各種サービスの利用に関するサポートは行っていません.各自でGoogleの情報を調べることで活用をお願いいたします.
  • Q: パスワードがわからなくなった.
    • A: 再設定用の電話番号やメールアドレスを設定している場合は,ご自身で復元できます.
    • 参考リンク: こちらの「パスワードを忘れた場合」も参考にしてください.

Microsoft 365

Microsoft 365はMicrosoft社が有償で提供し,神戸大学が契約しているサービスです. 学生の方はWord, Excel, PowerPointを自分のパソコン・タブレット・スマホなどで利用することができます.

詳細につきましてはこちらをご覧ください.

ZOOM

ZOOMはWeb会議システムです. リアルタイム型の遠隔授業で用いられることがあります. 必携パソコンやスマートフォンなどにアプリをダウンロード(インストール)して利用します.

【重要】原則として学生がZoomアカウントを作成する必要はありません. 授業担当教員の指示があった場合のみ作成してください.

基本的な使い方はレクチャーハブのZOOMの使い方 やZOOMのヘルプセンターを参照してください.

トラブルシューティング

  • Q: ZOOMのアカウントがありません.
    • A: 情報基盤センターでは学生用のZOOMアカウントを発行していません(アカウントなしでも利用可能です). 担当教員の指示があった場合のみ,適宜ご自身で作成してください.

遠隔授業に関するサポート窓口

遠隔授業に関するサポート窓口は以下を参照してください.