情報基盤センター
目次

個人所有のコンピュータで利用する

ご利用の前に

  • 学生及び教職員本人が所有するコンピュータ1台で,ソフトウェアを利用できます.利用できるのは本人のみで,家族や友人は利用できません.
  • 教職員は利用目的が教育・研究・業務の用途に限定されます.
  • 同一種類のソフトウェア(Office,Windows等)の異なるバージョン・言語を,同時に利用することはできません.
    例)本サービスに基づき以前に取得したOffice2019を利用している場合に,新たにMicrosoft365 Appsを取得して利用するには,利用しているOffice2019を削除する必要があります.
  • Windowsはアップグレードライセンスのため,新規にWindowsをインストールすることはできません.既にWindows またはMac のライセンスを取得しているコンピュータに対してのみの権利となります.
  • 個人所有コンピュータのOffice製品のご利用はMicrosoft365 Appsとなりました.詳しくはこちら
  • ソフトウェアの利用にあたっては,利用要領を必ずお読みください.
  • ソフトウェア一覧以外の製品を希望される場合は神戸大学生協の各購買店舗にご相談ください.
  • 情報基盤センターではソフトウェアのインストール及びアップグレード作業のサポートは行いませんので,自己責任のもとで行ってください.
  • 32bitと64bitの違いについては,こちら(外部サイトリンク)を参照してください.

  • ESET Endpoint Protection(macOS)について,2021年5月末までの無償移行版から 製品版に切り替えいたしました.

手順

  1. Microsoft Windows

    • 【教職員の場合】

      • 大学所有のコンピュータで利用するMicrosoft Windowsと同じプログラムを利用します.
      • 学内限定のダウンロードシステムよりMicrosoft Windowsをダウンロードしてください.
      • インストール方法については,大学所有PC向けのインストールマニュアルを参照して同じ手順にて実行ください.
      • 学外から全学ソフトウェアライセンスダウンロードサイトへアクセスする場合は,VPN接続が必要となります.VPN接続を行った上で,インストールファイルのダウンロード及びライセンス認証をしてください.ライセンス認証が完了すれば,VPN接続はしなくてもかまいません.(ただし,認証完了後に一定期間内に再度のライセンス認証は必要になります)
    • 【学生の場合】

      • はじめにインストールキットをKivuto社のESD Webストアからダウンロードします.ESD Webストアへは神戸大学生協ホームページより接続できます.(ページ中段にリンクがあります.)
      • 次にダウンロードしたインストールキットを利用して,アップグレードを行います.
      • ESD Webストアの利用方法及びアップグレードマニュアルは,神戸大学生協ホームページをご覧ください.
  2. Microsoft Office

    • 【教職員・学生共通】
      • 個人所有コンピュータのOffice製品のご利用はMicrosoft365 Appsとなりました.詳しくはこちら
      • Microsoft365 Appsの利用にはMicrosoft365アカウントが必要となります. Microsoft365アカウントは情報基盤センターにて管理していますので以下のページでご確認ください.
        Microsoft365アカウントについてはこちらをご参照ください.
      • Microsoft365 AppsはMicrosoft365 ポータルサイトからダウンロードしてインストールしてください.
        • Microsoft365 ポータルサイトはこちらからアクセス(外部サイトリンク)
      • Microsoft365 Appsの利用方法及びインストールマニュアルは,神戸大学生協ホームページをご覧ください.
  3. ウイルス対策ソフト(教職員・学生)

    • Windows8.1以降をご使用の方は,標準で組み込まれているWindows Defenderをご利用ください.

    • Macをご使用の方は学内限定ダウンロードシステムより配布するESET Endpoint Protection(macOS)がご利用できます.ダウンロードシステムからの取得方法については,以下をお読みください.また,ダウンロードしたファイルを利用して,ESET Endpoint Protection(macOS)をインストールする場合は,下記インストールマニュアルを参照してください.

      • ESET Endpoint Protection(macOS)の利用可能期間は 神戸大学の構成員である期間 となっております.卒業/修了,退学,退職等により本学構成員でなくなった後は 速やかにアンインストール してください.

      • インストールする前に,現在お使いのウイルス対策ソフト(Symantec Endpoint Protection 等)は必ずアンインストールしてください.

        • 従来提供していたESET Endpoint Protection(macOS)2021年5月末までの無償移行版を使用している場合も,必ず先にアンインストールしてください.
      • ESET Endpointを利用するには,インストール後にライセンス認証(アクティベーション)が必要です.アクティベーションには 学内ネットワークに接続されていること が条件となります.学外からは VPN接続 してインストールをおこなってください.

        • アクティベーションが正常に完了すれば,以後は学外ネットワークからも普通に利用できます.常時,VPN接続する必要はありません.
      • インストール方法が従来提供していたESET Endpointとは異なります.必ずインストールマニュアルを参照してください.

      • ソフトウェアのダウンロード

      • ESET Endpoint Protection(macOS)インストールマニュアル(PDF)

      • アンインストールについては以下を参照してください.