コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

メールソフトの設定方法
 

メールソフトの設定方法

目次

 

ご利用の前に

教職員の方は,事前にアカウント初期設定を済ませ,メールアドレスを取得しておいてください.
※ アカウント初期設定については,こちらをご参照ください.

 

代表的なメールソフトの設定例

  • IMAPとPOPの違い,注意点など詳細はこちらをご覧ください.
  • 同じメールアカウントで,IMAPとPOPを併用しないでください.
  • Thunderbirdでは,受信トレイの制限容量を超えると新規メールを受信できなくなるなどのトラブルが発生しますので,新規にフォルダを作成するなどして,受信トレイにメールを溜め込まないようにしてください.

 

受信プロトコルにPOPを利用される場合

Mac OS XWindows Vista/7/8.1/10

 

受信プロトコルにIMAPを利用される場合

Mac OS XWindows Vista/7/8.1/10

 

その他のメールソフトの設定

情報基盤センターでは,標準的な電子メールソフトとしてThunderbirdを推奨しておりますが,他のメールソフトを使うことも可能です.

ただし,メール受信設定においては「POP over SSL」もしくは「IMAP over SSL」に,メール送信設定においては「SMTP-AUTH over SSL」に対応している必要があります.これは,パスワードやメールの内容を暗号化することで,情報漏洩を防ぐための措置です.

 

メールアカウント設定

  • メールアドレス:
      学生の方は,学籍番号のメールアドレスを入力してください.
      教職員の方は,各自が設定したメインメールアドレス1つとサブメールアドレス3つまで設定できます.
  • メールID :メールアドレス(@マーク以下も含む)を入力してください.
  • パスワード:メール用パスワードを入力してください.

 

受信の設定

受信プロトコルにPOPを利用される場合

  • 受信(POP3)サーバー名(学生・教職員共通):
  • SSLを使用する(必須)
  • SSL受信ポート番号:995

 

受信プロトコルにIMAPを利用される場合

  • 受信(IMAP)サーバー名(学生・教職員共通):
  • SSLを使用する(必須)
  • SSL受信ポート番号:993

 

送信の設定

  • 送信(SMTP)サーバー名(学生・教職員共通):
  • SMTP-AUTHを使用する(必須,CRAM-MD5 もしくは DIGEST-MD5 を推奨)
  • SSLを使用する(必須)
  • SSL送信ポート番号:465