コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

個人所有のコンピュータで利用する(Microsoft ソフトウェア)
 

個人所有のコンピュータで利用する(Microsoft ソフトウェア)

ご利用の前に

  • 学生及び教職員本人が所有するコンピュータ1台でのみ,ソフトウェアを利用できます.利用できるのは本人のみで,家族や友人は利用できません.
  • 教職員は利用目的が教育・研究・業務の用途に限定されます.
  • 同一種類のソフトウェア(Office,Windows等)の異なるバージョン・言語を,同時に利用することはできません.
    例)本サービスに基づき以前に取得したOffice2010を利用している場合に,新たにOffice2013を取得して利用するには,利用しているOffice2010を削除する必要があります.
  • Windowsはアップグレードライセンスのため,新規にWindowsをインストールすることはできません.既にWindows またはMac のライセンスを取得しているコンピュータに対してのみの権利となります.
  • ソフトウェアの利用にあたっては,利用要領を必ずお読みください.
  • ソフトウェア一覧以外の製品を希望される場合は神戸大学生協の各購買店舗にご相談ください.
  • 情報基盤センターではソフトウェアのインストール及びアップグレード作業のサポートは行いませんので,自己責任のもとで行ってください.
  • 32bitと64bitの違いについては,こちら(外部サイトリンク)を参照してください.

 

手順

  1. Microsoft Office
    • はじめにインストールキットをKivuto社のESD Webストアからダウンロードします.ESD Webストアへは神戸大学生協ホームページより接続できます.(ページ中段にリンクがあります.)
    • 次にダウンロードしたインストールキットを利用して,コンピュータにOfficeをインストールします.
    • ESD Webストアの利用方法及びインストールマニュアルは,神戸大学生協ホームページをご覧ください.

      神戸大学生協ホームページ(外部サイトリンク)


  2. Microsoft Windows

    • はじめにインストールキットをKivuto社のESD Webストアからダウンロードします.ESD Webストアへは神戸大学生協ホームページより接続できます.(ページ中段にリンクがあります.)
    • 次にダウンロードしたインストールキットを利用して,アップグレードを行います.
    • ESD Webストアの利用方法及びアップグレードマニュアルは,神戸大学生協ホームページをご覧ください.

      神戸大学生協ホームページ(外部サイトリンク)


  3. ウイルス対策ソフト(教職員・学生)
    • Windows8以降をご使用の方は標準で組み込まれているWindows Defenderをご利用ください.
    • Windows7以前のOSをご使用の方は,Microsoft社より無償で提供されているMicrosoft Security Essentialsがご利用できます.なお,Microsoft Security Essentialsは大学所有のコンピュータでの利用は認められていませんので,ご注意ください.
      Microsoft Security Essentials は以下のページよりダウンロードできます.

      Microsoft Security Essentials (外部サイトリンク)

    • Macをご使用の方は学内専用ダウンロードシステムより配布するSystem Center Endpoint Protection for Macがご利用できます.ダウンロードシステムからの取得方法については,以下のページをお読みください.
      また,ダウンロードしたファイルを利用して,System Center Endpoint Protection for Mac をインストールする場合は,下記インストールマニュアルを参照してください.

      ソフトウェアのダウンロード

    • System Center 2012 Endpoint Protection for Macインストールマニュアル(PDF)

  4. 日本語・英語以外の言語での利用(教職員・学生)