コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

大学所有のコンピュータで利用する(ウイルス対策ソフト)
 

大学所有のコンピュータで利用する(ウイルス対策ソフト)

ご利用の前に

  • ソフトウェアの利用にあたっては,利用要領を必ずお読みください.
  • System Center 2012 Endpoint Protection はMicrosoft社製のウイルス対策ソフトです.
  • ESET Endpoint Protection(MacOS) はESET社製のウイルス対策ソフトです.
  • ※2021年5月末までの無償版です.
  • インストールする前に,現在お使いのウイルス対策ソフト(Symantec Endpoint Protection 等)は必ずアンインストールしてください.
  • Windows8以降をご使用の方は,標準で組み込まれているWindows Defenderをご利用ください.

 

手順

  1. はじめにインストール用ファイルを学内専用ダウンロードサイトから取得します.ダウンロードサイトからの取得方法については,以下のページをお読みください.

  2. 次にダウンロードしたファイルを利用して,コンピュータにウイルス対策ソフトをインストールします.インストールしたい製品に応じて,下記マニュアルを参照の上,インストールを行ってください.

     

      Windows版
      System Center 2012 Endpoint Protectionインストールマニュアル(PDF)

       

      Mac版
      ESET Endpoint Protection(MacOS)インストールマニュアル(PDF)

      ESET Endpointを開いて次のエラーが表示される場合は,以下の手順を試してください。

      「コンピュータが保護されていません。ESET Enspoint Antivirusに必要なシステム拡張がmacOSでブロックされました。保護を有効にするには:システム環境設定を開き、「ESET,spol.s r.o.」からのアプリが拡張を読み込むことを許可します」
      1. アンインストールする.マニュアルはこちら
      2. Macでこの手順を実行する.
      3. 再インストールする.

      ※System Center 2012 Endpoint Protection for MacからESET Endpoint Protection(MacOS)へ移行される方は,ESET Endpoint Protection(MacOS)をインストールされる前に,System Center 2012 Endpoint Protection for Macのアンインストールを行ってください.

  3. System Center 2012 Endpoint Protection for Macアンインストールマニュアル(PDF)

    ※ ESET Endpoint Protection(MacOS)のインストールに失敗した場合は,一度アンインストールした後,再インストールしてください.

    ESET Endpoint Protection(MacOS)アンインストールマニュアル(PDF)