コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

 

Mail.app 9.3(IMAPを利用する場合)

Mail.app 9.3送受信設定手順

ここでは,Mail.app 9.3の設定方法を,最初に起動するところから説明します.なお,既にMail.appをご利用になっていらっしゃる方で,設定変更・確認が必要な方は,6. 詳細設定を行います からごらんください.

  1. Mail.appを起動する.
    Dockの中に入っているMail.appをクリックすると,起動します.

  2.  

  3. 〔メールアカウントのプロバイダを選択…〕画面が表示されたら,「その他のメールアカウント」を選択し,「続ける」ボタンをクリックします.

  4.  

  5. 〔メールアカウントを追加…〕画面が表示されるので次の情報を入力してください.
    • 名前:あなたの名前を入力します.外国人とのメールのやりとりのある可能性を踏まえ,半角英数字で入力されることをおすすめします.
    • メールアドレス:あなたのメールアドレス(メインまたはサブ)を入力します.学生の方は,必ずメインメールアドレスを入力します.
    • パスワード:メール用パスワードを入力します.
    以上を入力したら,「サインイン」をクリックします.

     

  6. 次の画面でサーバ情報を入力してください.
    • アカウントの種類:「IMAP」を選択します.
    • 受信用メールサーバを入力します.
    • 送信用メールサーバを入力します.
    以上が終わったら,「サインイン」をクリックします.

     

  7. 次の画面で「メール」を選択して,「完了」ボタンをクリックします.

  8.  

  9. 詳細設定を行います.メニューバーの「メール」の中の「環境設定…」を選択してください.

  10.  

  11. 送信用メールサーバの設定
    〔アカウント〕画面にて,「送信用メールサーバ(SMTP)」の欄の右端をクリックし,「SMTPサーバリストを編集...」を選択します.

  12.  

  13. 〔詳細〕タブをクリックします.
  14.  

  15. 次の画面で以下のように設定してください.
    • ポート:「465」を入力します.
    • SSLを使用にチェックします.
    • 認証:「MD5チャレンジ応答」を選択すると,ユーザ名とパスワードの入力欄が表示されます.
    • ユーザ名:ご自身のメールアドレス を確認します.
    設定が終わったら,この窓の右下にある「OK」をクリックして,画面を閉じます.

     

  16. 受信用メールサーバの設定
    〔アカウント〕画面に戻りますので,〔詳細〕タブをクリックしてください.

  17.  

  18. 次の画面で以下のように設定してください.
    • ポート:「993」を入力します.
    • SSLを使用にチェックします.
    • 認証:「MD5チャレンジ応答」を選択します.
    設定が終わったら,この窓の左上にある「閉じるアイコン」をクリックします.

     

  19. 変更内容を保存しますか?と聞かれるので,「保存」ボタンをクリックしてください.

以上で,設定は完了となります.

 

保存フォルダ(Archivesフォルダ)の作成

一定期間(180日)以上を経過したメールは,未読・既読に関わらず削除されます. 保存する必要があるメールは,別途Archivesフォルダを作成してそのフォルダ内に移動する必要があります.
Archivesフォルダにあるメールは,一定期間(180日)が経過しても自動削除されることはありません.

  1. メニューバーの「メールボックス」の中の「新規メールボックス…」を選択してください.


  2. 「新規メールボックス」画面の名前の欄でArchivesと入力し,場所にアカウント名が表示されていることを確認して「OK」ボタンを押します.

    ※ご注意:Archivesの文字は半角です.文頭の「A」は大文字,文末の「s」も忘れないよう綴りには注意して下さい.「Archives」の綴りが間違っていますと,保存対象フォルダにはなりません(=一定期間(180日)経過後のメールは削除対象になります)ので,お間違いのないようご確認願います.


  3. Archivesフォルダが作成されていることを確認します.

    ※ご注意:archiveではなく,Archivesフォルダです.文頭の「A」が誤って小文字になっていたり末尾の「s」が抜けていますと,保存対象フォルダにはなりませんので,お間違いのないよう重ねてご確認願います.


  4. 保存しておきたいメールがありましたら,作成したArchivesフォルダへ移動して下さい.