コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

神戸大学のSPAM/ウィルスメール対策について
 

神戸大学のSPAM/ウィルスメール対策について

 

SPAM/ウィルスメール対策のポリシー

情報基盤センターが提供しておりますメールサービス群におきましては,実績あるアプライアンスを利用し,SPAM / ウィルスメール対策をとっております.
神戸大学に届くメール,及び神戸大学から送られるメールともにSPAM/ウィルスチェックを行います.

 

グレーリストによるSPAM対策

  • 正常なメールサーバであれば, 一度受信を拒否しても再送されますが,一方,多くのSPAMを発信するサーバは,メールの再送はしません.この性質を利用したSPAM対策を行っています.
  • ホワイトリストに登録されていないメールサーバから,初めて送信されるメールは,数分から数10分着信が遅延します.ただし、この再送を行った送信者を記録し、次回からは遅滞なくメールを中継いたします。
  • 正常なメールサーバから配信されることが明らかな場合,ホワイトリストに登録してグレーリストの対象外としています.この場合,メールの遅延は発生しません.
    主なホワイトリストは以下の通りです.        
    • 神戸大学内のメールサーバ(kobe-u.ac.jp)
    • 大学(ac.jp),政府機関(go.jp), 地方自治体
    • 米国大学,米国政府機関
    • 国内企業・団体(co.jp,or.jp)
    • 国内主要ISPすべて
    • 主要FreeMail/Mailing list
    • 主要企業(通信実績が多い企業)

 

迷惑メール(SPAM メール,フィッシングメール等)

  1. 学外のメールサーバから学内のサーバ(※1)へメールが送信される場合
  2. スパムの判定(※2)検出時の動作受信者への送信送信者への通告
    スパムの可能性がある ヘッダ情報に"[SPAM]"のタグ付けをします 送信されます 行いません
    スパムの可能性が高い 件名の頭に文字列"[SPAM]"を追加します 送信されます 行いません
  3. 学内のサーバ(※1)からメールを送信する場合
  4. スパムの判定(※2)検出時の動作受信者への送信送信者への通告
    スパムの可能性がある ヘッダ情報に"[SPAM]"のタグ付けをします 送信されます 行いません
    スパムの可能性が高い 件名の頭に文字列"[SPAM]"を追加します 送信されます 行いません
    ※1 学内のサーバ】 ただし,以下が宛先となっているもの
    • 受信サーバmail(メールドメインがstu, メールドメイン一覧 のメールアドレス)
    • 情報基盤センターのメーリングリスト及びメールサーバホスティングサービス
    • 情報基盤センターのメール中継を利用している学内のメールサーバ
    ※2 スパムの判定
    • アプライアンスメーカが提供するスパム判定データベースに基づいて判定します.
    • データベースはスパムの状況に応じて常に更新されていますが,判定はパターンマッチの積み重ねで判定されるため常に正しい判定となるかは保証されません.

    正しいアドレスから受信しても,以下のような理由で,SPAM判定されている場合があります.受信メールを確認する際はご注意ください.

    • 本文中にサイトへの接続可能な短縮URL等が含まれている.
    • メールのヘッダ及び本文中に特定のキーワードが存在している.
    • 画像情報等大容量の情報を含んでいる.

 

ウィルスメール

  • 検出時の動作 : ウィルスの含まれている添付ファイルは削除されます.
  • 受信者への送信 : ウィルスファイルが削除されたメールが送信されます.
  • 送信者への通告 : 行いません.

 

添付ファイルが 20MB を超えているメール

  • 検出時の動作 : メールは拒否されます.
  • 受信者への送信 : 送信されません.
  • 送信者への通告 : 送ったメールがエラーとなり差し戻されます.

 

該当の問題でメールの送受信に不都合が生じている場合には,管轄のメールサーバ管理者及び情報基盤センターまでお問い合せ願います.