コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

システム移行に伴うメールソフトの設定変更について
 

システム移行に伴うメールソフトの設定変更について

8月17日(水)までに確認していただきたい事項

暗号化されないプロトコル(pop3, imap, smtp),及びAPOP認証は利用できません.
また,SSLに対応していないメールソフトはご利用になれません.お使いのメールソフトの設定をご確認ください.

 

2016年8月18日より,AL-Mailはご利用になれません.情報基盤センターが推奨しておりますThunderbirdへ切り替えていただくことをお勧めいたします.

 

8月18日(木)以降に対応をお願いします

2016年08月18日(木)から12月末までの間に,お使いのメールソフトの設定を変更していただく必要があります.

手順は以下をご確認ください.

変更作業は,8月18日以降に行って下さい.8月17日以前に行うと,メールが受信できません.

新規にメールソフトの設定を行う場合

 

すでにお使いのメールソフトの設定変更を行う場合

 

システム移行で懸念される現象について

  • 新メールサーバから初めて受信される際に,サーバ証明書のポップアップが表示されることがあります.
    この場合,「OK」(または「はい」等)を選択してください.

     

  • 8月12日までに,サーバ側のメールをできるだけ削除するようにしてください.
    新メールサーバから初めて受信した場合,サーバに残っている過去のメールが再受信される場合があります.
    設定については,各メールソフトの利用手順から確認してください.

 

  • 8月18日以降にメールの受信ができない場合は,パソコンが古い情報をキャッシュしている可能性がありますので,パソコンを再起動した後にメールが受信できるかどうかご確認ください.
    また,上記の【8月18日(木)以降に対応をお願いします】をご確認のうえ,メールソフトの設定を変更してください.