コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

 

テキストエディット

テキストエディットはMac OS Xの標準のテキストエディタです.ここでは,テキストエディットの基本操作について説明します.また,アプリケーションに日本語を入力する方法についても説明します.

起動・終了

  • テキストエディットを起動するには,Dockに登録されているテキストエディットアイコンをクリックします.
  • ウィンドウが表示されます.
    初期設定ではリッチテキストフォーマットファイル形式となります.
  • テキストエディットでは,リッチテキストフォーマットと標準テキストフォーマットのファイルを編集できます.
    • 標準テキストファイルに変更する場合は,「フォーマット」メニューから「標準テキストにする」を選択します.
  • 終了は,メニューバーの「テキストエディット」より「テキストエディットを終了」を選択します.
    (閉じるボタンをクリックするだけでは,終了できません.)

 

基本操作

既存ファイルの編集

既存のファイルを編集するには,以下の2つの方法があります.

  • テキストエディットの「ファイル」メニューから「開く」を選択します.
    編集するファイルを選択し,「開く」をクリックします.
  • もしくは,書類フォルダ等に保存しているファイルをダブルクリックします.
    テキストエディットが起動し,ファイルが開きます.

 

ファイルの保存

  • テキストエディットの「ファイル」メニューから「保存」を選択します.
    既存ファイルの上書き保存ができます.
    • 新規ファイルの場合は,以下のようなダイアログボックスが表示されます.(新規作成ファイルでない場合,表示されません.)

       

      「名前」にはファイル名を指定します.
      「場所」は保存する場所を選択します.(初期設定では書類フォルダに保存)

    • 保存設定の詳細を確認する場合は,「名前」欄の右の▼をクリックすると,下の画面が表示されます.
      場所を指定,「拡張子を隠す」にチェックが入っていないことを確認し,「保存」をクリックします.

     

  • 別名で保存する場合,テキストエディットの「ファイル」メニューから「複製」を選択します.
    • 「(ファイル名)のコピー」というファイルが作成されます.
    • 「ファイル」メニューから「保存」をクリックして名前を変更し,任意の場所に保存します.

 

ファイルの印刷

  • ファイルを印刷するには,テキストエディットの「ファイル」メニューから「プリント」を選択します.
  • ページ設定等を確認し,「プリント」ボタンをクリックします.詳細な手順は,プリンタの利用を参照してください.

 

環境設定の変更

初期設定のファイル形式や文字コードを変更できます.

ファイル形式の変更

初期設定のフォーマットを標準テキストファイルに変更できます.

  • テキストエディットメニューの「環境設定」を選択します.
  • 「新規書類」タブをクリックし,「フォーマット」の「標準テキスト」を選択します.

文字コードの指定

テキストエディットでは,文字コードを指定できます.
(初期設定では,ファイルを開く際と保存の際に,文字コードを自動判定しています.)

  • 文字コードを指定するには,テキストエディットメニューの「環境設定」を選択し,「開く/保存」タブをクリックします.
  • 「標準的テキストファイルのエンコーディング」で,「ファイルを開くとき」 「ファイルを保存するとき」の文字コードを選択し指定します.
  • 「HTML保存オプション」の「エンコーディング」の文字コードを選択し, HTMLファイルを保存する際の文字コードを指定することもできます.

 

日本語入力

日本語を入力するには,IM(Input Method)と呼ばれる日本語入力システム(ソフトウェア)を利用します. IMはFEP(Front End Processor)とも呼ばれます. Mac OS Xでは,標準で「日本語」というIMを利用しています.

入力モードの切り替え

メニューバーの右側には,「日本語」の入力モードがアイコンで表示されています.

「日本語」の入力モードには,次の3つがあります.入力モードはキーボードから切り替えることができます.

    入力モード 内容 キーボードからの切り替え
    (A)英字 アルファベット入力 「英数」キー
    (あ)ひらがな ひらがな入力,漢字変換入力 「かな」キー
    (ア)カタカナ カタカナ入力 「shift」キー + 「かな」キー

もしくは,メニューバーから切り替えたいモードをクリックすることもできます.

 

環境設定

「日本語」の日本語入力には,ローマ字入力とかな入力の2通りがあります.
(初期設定では一般的なローマ字入力に設定されています.)
かな入力に切り替えるには,以下の手順を行ってください.

  • メニューバー右側の入力モードアイコンをクリックし,「“日本語“環境設定を開く」を選択します.
  • 「入力ソース」を選択し,「入力方法」を「かな入力」に変更します.

 

文字コード

文字の情報は,コンピュータ内部で扱うことができるように符号化されており,その方式は文字コードと呼ばれています.文字コードにはいくつかの種類があり,英数字の文字コードにはASCIIコードが使用されます.

日本語の文字コードには,JISコード,シフトJISコード,日本語EUCコード,Unicodeなどがあります.

文字コードに依存し,ほかの文字コードでは表示できない文字のことを特殊文字あるいは機種依存文字といいます.
特殊依存文字を入力するには,以下の手順を行ってください.

  • メニューバーの入力モードアイコンをクリックし,「絵文字と記号を表示」を選択します.
  • 文字ダイアログボックスが表示されます.特殊文字を選択,ダブルクリックし,テキストエディットに特殊文字を入力します.
    ※アプリケーションによっては,入力できない特殊文字もあります.

 

入力言語の切り替え

入力言語を切り替えるには,IMを変更します.

  • メニューバーの入力モードアイコンをクリックし,「"日本語"環境設定を開く」を選択します.
  • 「入力ソース」タブをクリックし,「+」をクリックします.
  • 使用する言語を選択して「追加」をクリックします.
  • メニューバーの入力モードのアイコンをクリックしてメニューを表示し,追加した言語のIMをクリックすると,メニューバーの入力モードのアイコンが変更され,入力言語が切り替わります.
  •