コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

 

Microsoft Excel

Microsoft ExcelはMicrosoft Officeに含まれる表計算用のアプリケーションです.ここでは,Microsoft Excelの基本操作について説明します.

起動・終了

  • Microsoft Excel(以下,Excelと記述します)を起動するには,Dockに登録されているExcelアイコンをクリックします.
  • 「ブック1」という新しいファイルが表示されます.
  • テンプレートを変更する場合は,メニューバーの「ファイル」から「テンプレートから新規作成」を選択します.
  • 終了は,メニューバーの「Excel」より「Excelを終了」を選択します.
    (閉じるボタンをクリックするだけでは,終了できません.)
  •  

    基本操作

    既存ファイルの編集

    既存のファイルを編集するには,以下の2つの方法があります.

    • Excelの「ファイル」メニューから「開く」を選択します.
      編集するファイルを選択し,「開く」をクリックします.
    • もしくは,書類フォルダ等に保存しているExcelのファイルをダブルクリックします.
      Excelが起動し,ファイルが開きます.

     

    ファイルの保存

    • Excelの「ファイル」メニューから「保存」を選択します.
      既存ファイルの上書き保存ができます.
      • 新規ファイルの場合は,以下のようなダイアログボックスが表示されます.(新規作成ファイルでない場合,表示されません.)
      • 「名前」はファイル名を指定します.拡張子は「.xls」または「.xlsx」
        「場所」は保存するフォルダを選択します.(初期設定では書類フォルダに保存)

      • 保存設定の詳細を確認する場合は,「名前」欄の右の▼をクリックすると,下の画面が表示されます.
        場所を指定,「拡張子を隠す」にチェックが入っていないことを確認し,「保存」をクリックします.

     

    ファイルの印刷

    • ファイルを印刷するには,Excelの「ファイル」メニューから「プリント」を選択します.
    • ページ設定等を確認し,「プリント」ボタンをクリックします.詳細についてはプリンタの利用を参照してください.