コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

LDAP ServiceID認可サービス
 

LDAP ServiceID認可サービス

神戸大学統合ユーザ管理システム(KUMA)のログインIDを用いたユーザ認証機能を提供するサービスです.                              
目次

 

概要

このサービスは,全学的な学内システム(※1)に対して,神戸大学統合ユーザ管理システム(KUMA)が保持するログインIDの集合を認可条件として利用することができるサービスです.
本サービスを利用することにより,認可条件として登録したログインIDのみ認可するLDAP認証機能を外部サーバに提供します.

※1 学部,学科,研究室などの単位を対象としたシステムでは利用できません.

 

申請条件

申請者 神戸大学に所属する教職員かつ全学システムの管理者
支払責任者 神戸大学に所属する常勤教職員
サーバ 情報基盤センター本館内で管理され,IPアドレスが教育研究用計算機システムのセグメントまたは事務系の公開セグメントであること

 

利用形態

対象 全学システムを管理する組織
利用期限 本年度末まで(継続可)
利用負担金 こちら(学内専用)を参照

 

注意事項

  • サーバが情報基盤センター内で管理されており,かつIPアドレスが教育用計算機システムのセグメント,または,事務系の公開セグメントの場合のみ利用できます.詳しくはお問い合わせください.
  • 認証時に使用できるアカウントは神戸大学統合ユーザ管理システム(KUMA)のログインID,パスワードが対象となります.
  • 外部サーバへの応答は認可処理を経て「認証可」「認証不可」のみを応答します.
  • 認可したいメンバーの管理は,申請者または共同管理者が行ってください.

 

手続き

  • 手続きが必要です.各種手続きは以下をご覧ください.
  • 申請者,支払責任者になる方はサービス申請前に,管理者になる方は管理者登録前に,アカウント初期設定を行ってください.

 

サービス開始をご希望の場合

  • 申請書提出の前に,まず情報基盤センターまでご連絡ください.
  • 学内システムかどうか判断するために,数ヶ月かかる場合があります.
  • サーバのIPアドレスが事務系セグメントの場合は,事務系ファイアウォール設定申請に基づいた申請が必要となります.
  • センターからの連絡後,申請書を提出してください.

 

各種手続き

 

申請書

 

利用ガイド